キイロホソゴミムシ

百科事典マイペディアの解説

鞘翅(しょうし)目オサムシ科の1種で日本固有種。体長10mm弱。ホソゴミムシ類としては例外的に好塩性の種で,現在では千葉県小櫃(おびつ)川河口が唯一の確実な生息地として知られるのみ。絶滅危惧IB類(環境省第4次レッドリスト)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android