唯一(読み)ゆいつ

精選版 日本国語大辞典「唯一」の解説

ゆいつ【唯一】

〘名〙 =ゆいいつ(唯一)
※春迺屋漫筆(1891)〈坪内逍遙〉梓神子「詩は史の奴ならざればなり要するに世話物も時代物も肉身の兄弟にして其本願も唯一(ユイツ)なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「唯一」の解説

ゆい‐いち【唯一】

ゆいいつ」に同じ。
「神は―円頓(えんとん)一実相の外」〈聖徳太子

ゆい‐いつ【唯一】

ただ一つであること。それ以外にはないこと。ゆいいち。ゆいつ。「世界で唯一の逸品」「唯一の趣味」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android