唯一(読み)ゆいつ

デジタル大辞泉「唯一」の解説

ゆい‐いつ【唯一】

ただ一つであること。それ以外にはないこと。ゆいいち。ゆいつ。「世界で唯一の逸品」「唯一の趣味」
[類語]単数単一単独単身単発単品無二無比又と無い無双無類・比類の無い・類が無い・類を見ない・比べ物にならない・並び無い・例えようも無い・底知れない比類ない類いまれ又と二度と二度と再び又無い得難いまれかけがえのない希有けう盲亀もうき浮木ふぼく一期一会いちごいちえ見せ場決め所思いがけない思いがけず待てば甘露の日和ひよりあり折よく僥倖ぎょうこうここぞ一世いっせ一代最初で最後図らずも決定的瞬間契機滅多千載一遇

ゆい‐いち【唯一】

ゆいいつ」に同じ。
「神は―円頓えんとん一実相の外」〈浄・聖徳太子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「唯一」の解説

【唯一】ゆいいつ

ただ一つ。〔論衡、言毒〕物、(びせつ)(こまごました)爲(た)る多し。唯一、火のみ最も烈しきは、火は(かわ)くなればなり。

字通「唯」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android