コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キソウメンタケ(黄素麺茸) キソウメンタケClavulinopsis helvola

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キソウメンタケ(黄素麺茸)
キソウメンタケ
Clavulinopsis helvola

担子菌類ヒダナシタケ目ホウキタケ科のキノコ。日本各地の林や草原に生える。長円筒形,長さ3~7cm,径 1.5~4mmで別々になるか数本が群れをなして生える。鮮かな黄色または橙黄色。肉は中空子実層はその表面にできる。北アメリカヨーロッパにも分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android