コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キボウシインコ(読み)きぼうしいんこ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キボウシインコ
きぼうしいんこ / 黄帽子鸚
yellow-shouldered amazon
[学]Amazona barbadensis

鳥綱オウム目オウム科の鳥。ベネズエラ産で2亜種があるが、分布は狭く飼い鳥としても少ない。全長約34センチメートル、体部は緑色、顔と翼角は黄色である。[黒田長久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のキボウシインコの言及

【ボウシインコ(帽子鸚哥)】より

…中央・南アメリカと西インド諸島に25種が分布し,熱帯南アメリカに生息する種が多い。代表種には,額が青く,眼の周囲とのどが黄色で翼角が赤いアオボウシA.aestiva(イラスト),頭頂,のど,眼下,翼角が黄金色をしたキボウシインコA.barbadensis(イラスト)などがいる。インコ【斎藤 隆史】。…

※「キボウシインコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android