コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亜種 あしゅ

6件 の用語解説(亜種の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

亜種

特定のウイルスに似ていながら、微妙に異なる特徴を持つもの。たとえば、メールを自動配信する特定のウイルス「XXX」が固有の件名や添付ファイル名を使用している場合、これと動作は似ていながら、異なる件名や添付ファイル名を使用するウイルスを「XXX.B」のように「B」「C」などを名前に付ける。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あ‐しゅ【亜種】

生物分類学上の単位の一。必要な場合に、の下に設けられる。トラを、アムールトラベンガルトラスマトラトラ・ジャワトラ他に分けるなど。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ダイビング用語集の解説

亜種

生物の分類学上、“種”の下位に必要に応じて設けられる分類単位のこと。厳密な名前が不明だったり、未確定の場合に“ハナダイの亜種”といった形で使われ、その地域独自の種類であるケースも多い。

出典|ダイビング情報ポータルサイト『ダイブネット』
ダイビング用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

あしゅ【亜種】

生物分類上の一階級。種の下の階級。種として独立させるほど大きくはないが、変種とするには相違点の多い一群の生物に用いる。例えば、北海道のキタキツネはキツネの亜種である。ただし、種と亜種とを分ける明確な基準はない。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亜種
あしゅ
subspecies

生物分類学上,種の下の段階の単位。ただし,一般に種とすべきか亜種とすべきかについては,確実な基準はなく,原型から新たな種へと進化していく途中の姿であると理解されることもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亜種
あしゅ
subspecies

動物分類学上の用語で、同一種に属する地理的品種をさし、相互の間の形態的差異がはっきりしたものをいう。分布の広い種や移動能力の小さい種では、しばしば地域的に大きさ、形、色彩などに一定の違いがみられ、これが亜種である。国際命名規約上では亜種は最低の段階で、それより下の変種、型などは規約から除外されている。地質学では時代の異なる同一血統内の変型を亜種として扱っている。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

亜種の関連情報