コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分布 ぶんぷdistribution

翻訳|distribution

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分布
ぶんぷ
distribution

ある事象が地表上にどのように出現しているかを示すもので,その占有している状態をいう。分布は大きく,ある一つの場所に集中している状態と,分散している状態とに分けられる。分布の状態を地図に示したものが分布図である。分布図によって,分布がなぜそのようになっているかの問題の所在を見つけ,それを究明しようとするのが分布論である。地理学は特に分布の科学ともいわれ,分布を重要視する。分布図の表現法は種々あり,出現する地点をできるかぎり正確に点で示すドットマップのほか,ある程度まとめて代表的地域に示す区分図,移動 (流れ) を示す流線図などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶん‐ぷ【分布】

[名](スル)
分かれて広くあちこちにあること。また、あちこちに置くこと。「一帯に古代遺跡が分布する」
動植物が地理的、時間的にある範囲を占めること。「垂直分布」「水平分布」「分布図」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶんぷ【分布】

( 名 ) スル
分かれてあちこちにあること。また、分けてあちこちに置くこと。
その事象が空間的・時間的なある範囲内に存在すること。また、その存在する状態。 「方言の-を調べる」 「人口の-」 「本州中部以南の海浜に-する植物」
〘数〙 確率分布のこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の分布の言及

【数理統計学】より

…その後,多数の数値を扱う数学的理論が開発されるに従って,数理統計学として応用数学の一分野にまで発展するに至った。それは,(1)データのもとになる集団に対する研究,(2)集団の変動の研究,(3)データの分布状況の特性を見いだすことなどを目標とする。すなわち,その目的は個々のものに関する興味にあるのではなくて,すべての個体をひとまとめにした集団の特性を論ずることにある。…

※「分布」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

分布の関連キーワードウィルコクソン二標本分布マクスウェルの速度分布則ボルツマンの速度分布則マクスウェルの分布則ヴィーンの分布法則マクスウェル気体ギブラットの分布ボルツマン分布ポアッソン分布標準正規分布粒度分布法則フェルミ分布対数正規分布ブルーマリンレイリー分布アーラン分布ヒストグラム集中定数回路正規母集団χ二乗分布

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分布の関連情報