キム・ソヨン(英語表記)Kim So-yeon

現代外国人名録2016「キム・ソヨン」の解説

キム・ソヨン
Kim So-yeon

職業・肩書
女優

国籍
韓国

生年月日
1980年11月2日

出生地
ソウル

学歴
東国大学演劇映画科

経歴
モデルとして活動後、1994年青少年ドラマ「恐竜先生」で女優デビュー。2000年主人公のライバル役として出演したドラマ「イヴのすべて」が最高視聴率45%を記録。同作品は日本をはじめアジア・中南米など各国で放送され、国際的に知名度を上げる。一時期、中華圏で活動していたが、2008年の「食客」で国内復帰。2009年「IRIS」の工作員役で新境地を開く。他の出演作品に映画「チェンジ」(1997年)、「七剣(セブンソード)」(2005年)、「今日の恋愛」(2015年)、ドラマ「順風産婦人科」(1998年)、「クァンキ」(’99年)、「その陽射が私に…」(2002年)、「2004年人間市場」(2004年)、「秋の夕立」(2005年)、「家に帰る道」(2009年)、「検事プリンセス」「ドクター・チャンプ」(2010年)、「大風水」(2012年)、「TWO WEEKS」(2013年)、「抱きしめたい」(2014年)などがある。バラエティ番組のMCなども務めるマルチタレントとして活躍する。特技はジャング(長鼓)演奏。2002年来日。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android