キャスク貯蔵方式(読み)キャスクチョゾウホウシキ

デジタル大辞泉「キャスク貯蔵方式」の解説

キャスクちょぞう‐ほうしき〔‐チヨザウハウシキ〕【キャスク貯蔵方式】

原子力発電所から出る使用済み核燃料を気体中で貯蔵する乾式貯蔵の一つ。キャスクと呼ばれる金属製の円筒形容器に入れて貯蔵する「金属キャスク方式」と、キャニスターと呼ばれる金属製の密封容器に収納し、それをコンクリート製の遮蔽構造物内に貯蔵する「コンクリートキャスク貯蔵方式」がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android