キャリア段位制度(読み)キャリアダンイセイド

人事労務用語辞典の解説

キャリア段位制度

「キャリア段位制度」とは、個人の実践的な職業能力を職種ごとに、全国統一基準にもとづいた“段位”によって評価・認定するしくみのことです。政府の「新成長戦略」(2010年6月決定)における「実践キャリア・アップ戦略」の施策として実施される新制度で、12年中にも介護、温暖化対策、農漁業高度化の3分野を対象に段位の導入が始まる予定です。イギリスの職業能力評価制度(NVQ:National Vocational Qualification)をモデルとしているために「日本版NVQ」とも呼ばれます。
(2012/11/26掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android