介護(読み)かいご

百科事典マイペディア「介護」の解説

介護【かいご】

病人や老人を日常生活の身体的困難などに対して補助したり看護したりすること。80年代後半から日本でも,老齢者や配偶者の介護が国と社会の制度的対応を必要とする,社会福祉,社会保障の切実な問題として強く意識されるようになった。その背景は,社会の高齢化,核家族化,少子化,共働きの増加などである。80年代から90年代に,介護福祉士介護休業制度などの法的な整備がなされ,2000年には介護保険法が施行された。介護者が長期の介護で〈うつ〉状態に陥る〈介護うつ〉の問題などよりきめ細かな対応を必要とする様々な問題もあり介護サービスの充実が求められている。他方,貧困率の増加,格差の拡大,年金問題や老人医療費問題など,介護に直接影響を及ぼす様々な課題が急増しており,介護制度のありかたは決して万全のものとはいえない状況にある。→ケアマネジャーケアプラン
→関連項目育児・介護休業法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「介護」の解説

かい‐ご【介護】

〘名〙 (「介」はかいぞえする、たすけるの意) 病人や老人を、日常生活の身体的困難などに対して補助したり看護したりすること。
※簡易生命保険法(1990)九条「保険約款の定める常時の介護を要する身体障害」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android