導入(読み)ドウニュウ

デジタル大辞泉の解説

どう‐にゅう〔ダウニフ〕【導入】

[名](スル)
外部から導き入れること。引き入れること。「新型機器を導入する」「外資導入
小説や音楽などで、主題に入る前のはじまりの部分。「導入部」
学習を始めるにあたり、児童生徒関心興味をよびおこさせるための準備的段階

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうにゅう【導入】

( 名 ) スル
導き入れること。 「外資を-する」 「新しい機械を-する」
物語の始まりの部分。文章・講話・映像などの初めの部分。導入部。
本格的な授業に入る前に、生徒に学習内容に対する関心をもたせる段階。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どう‐にゅう ダウニフ【導入】

〘名〙
① (━する) 人や物をある場所、状態にみちびき入れること。また、学問、技術、方法など選んでとり入れること。
教育学(1882)〈伊沢修二〉四「清浄の外気を導入し、内部の不浄空気と新陳代謝せしむ」
② 音楽や小説などで、主題に入る前のはじまりの部分
※オールド・ノース・ブリッジの一片(1968)〈島尾敏雄〉「導入の音楽がはじまると」
学習指導の過程の最初の段階。学習内容を効果的に児童生徒が学習するための予備的段階で、主として学習意欲を高め、学習の方向づけをする。

みちびき‐い・れる【導入】

〘他ラ下一〙 みちびきい・る 〘他ラ下二〙 導いて中に入れる。
※落窪(10C後)四「少将しるべして、みち引入つ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

導入の関連情報