コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

導入 ドウニュウ

デジタル大辞泉の解説

どう‐にゅう〔ダウニフ〕【導入】

[名](スル)
外部から導き入れること。引き入れること。「新型機器を導入する」「外資導入
小説や音楽などで、主題に入る前のはじまりの部分。「導入部」
学習を始めるにあたり、児童生徒関心興味をよびおこさせるための準備的段階

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どうにゅう【導入】

( 名 ) スル
導き入れること。 「外資を-する」 「新しい機械を-する」
物語の始まりの部分。文章・講話・映像などの初めの部分。導入部。
本格的な授業に入る前に、生徒に学習内容に対する関心をもたせる段階。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

導入の関連キーワードジエチルアミノエチルセルローストランスジェニック・アニマル前奏曲 [ prelude]フィットギャップ分析クーラーチャージャートランスフェクションバンプ[vamp]イントロダクションインターバル規制ツィルケルの分類サイトライセンスフィージビリティイニシャルコストインストーラーヒドロキシル化ビッグバン方式カルボキシル化曝気酸化池法同時形質導入ジプソライト

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

導入の関連情報