コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャンディアン・ダンス キャンディアン・ダンス Kandyan Dance

1件 の用語解説(キャンディアン・ダンスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャンディアン・ダンス
キャンディアン・ダンス
Kandyan Dance

スリランカの舞踊。名称はスリランカ王国の最後の王朝シンハリの首都キャンディに由来する。仏教祭礼の際,村々に流行する疫病をはらい,村々に正常,繁栄,平和をもたらすために踊られる。踊り手は銀や宝石類の重い飾り物を身につけ,それらの揺れる音がつくりだす心地よいリズムに合せて,ときには優雅にときには力強く,とびまわり,回転する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キャンディアン・ダンスの関連キーワードスリランカフランス領ソマリランドスリランカの愛と別れネランVijaya(人名,スリランカ)自由党(スリランカ)スリランカ映画スリランカ建築スリランカ・タミル人スリランカ中央高原

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone