コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリガイダマシ Turritella terebra; screw shell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリガイダマシ
Turritella terebra; screw shell

軟体動物門腹足綱キリガイダマシ科。高 11cm,殻径 2.7cm。殻は細く高い円錐形で褐色,螺層は 20階をこえる。螺層のふくらみは弱く,6本内外の螺肋をめぐらす。体層は小さく,殻高の4分の1ぐらい。殻底はやや平らで,ここにも螺肋がある。殻口は四角形状で,水管溝,臍孔はない。ふたは革質で丸く,多旋型。砂中に浅く埋もれ,水管から取込んだ海水中の有機物を鰓でこし取って食べる。台湾以南の西太平洋に広く分布し,浅海の細砂底に群生する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キリガイダマシ
きりがいだまし / 擬錐貝
screw shell
[学]Turritella terebra

軟体動物門腹足綱キリガイダマシ科の巻き貝。台湾以南の熱帯太平洋に分布し、日本にまで達していない。浅海の砂底にすむ。殻高11センチメートル、殻径2.7センチメートルに達し、殻は紫褐色で、全体が細くて高い円錐(えんすい)形。各螺層(らそう)は丸みがあって螺肋(らろく)を巡らし、縫合はくびれている。螺層は20階を超える。殻口は丸みがあって水管ができないところが、タケノコガイ科のキリガイ類と異なる。蓋(ふた)は丸く多旋形。日本にすむ近縁のヒメキリガイダマシHauster fascialisは殻高3センチメートルぐらいと小形である。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キリガイダマシの関連キーワード蝦夷錐貝欺蝦夷擬錐貝擬錐貝

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キリガイダマシの関連情報