革質(読み)かくしつ

精選版 日本国語大辞典「革質」の解説

かく‐しつ【革質】

〘名〙 植物の表皮層などにみられる、のように固い性質。〔生物学語彙(1884)〕
※芽むしり仔撃ち(1958)〈大江健三郎〉一「硬いつばき科の革質ののむらがりに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「革質」の解説

かく‐しつ【革質】

植物の葉などにみられる、革のように硬い性質。また、そのもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android