コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近縁 キンエン

デジタル大辞泉の解説

きん‐えん【近縁】

近い血縁。また、その人。⇔遠縁
生物の分類上、近い関係にあること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きんえん【近縁】

血のつながりの濃い関係。また、その人。 ↔ 遠縁とおえん
生物種の分類で、両者が近い関係にあること。 「 -種」 → ごんえん(近縁)

ごんえん【近縁】

〘仏〙 三縁の一。念仏の行者が仏に会いたいと思うと、仏がそれに応じて近くに来ること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

近縁の関連キーワードノザワナ(野沢菜)アメリカニンジングレープフルーツヨクヨウカイメンハックルベリーエシャロットアイヌ立壺菫遺伝子汚染ユーカリ油メガネウラククイの木高嶺日陰蝶パクチョイ獅子尾猿カラテア茶翅蜚蠊シャモア中国春蘭同系交配人似猿

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

近縁の関連情報