キーピッチ(読み)きーぴっち

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

キーピッチ

キーボードのキーの間隔。キーの中心から隣のキーの中心までの長さを表す。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

知恵蔵の解説

キーピッチ

文字/データ入力用のキーボードで、隣接するキー同士の間隔(ピッチ)を示したもの。キー間のすき間の幅ではなく、キーの中心同士の間隔を計測する。一般的なパソコン用キーボードのキーピッチは約19mmだが、携帯向けの小型機等では文字キー右側の記号キー部分のみ幅を狭めたり、キー全体のピッチを少なくするなどしてキーボードを小型化している。

(斎藤幾郎  ライター / 2009年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

キーピッチ

キーボードで隣り合うキー同士の中央から中央までの間隔のことです。標準的なキーボードでは19ミリです。キーとキーとの間に隙間があるキーボードでは、キーの幅がキーピッチより小さくなります。
⇨キーストローク

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

キー‐ピッチ(key pitch)

コンピューターのキーボードなどにおける、隣り合うキーどうしの間隔のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

キーピッチ【key pitch】

キーボードのキーの間隔。横方向に隣り合うキーの中心から中心までの長さで表し、通常15mmから20mm程度。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キーピッチの関連情報