間隔(読み)かんかく

精選版 日本国語大辞典「間隔」の解説

かん‐かく【間隔】

〘名〙
① (━する) 二つのものをへだてること。また、二つのものがへだたること。
※乾坤弁説(1656)亨「風大中部の厳寒は、下部の煖気に間隔せられて」 〔陶潜‐桃花源記〕
② 二つのものの間の距離。また、二つのことのあいだの時間。へだたり。
※改正増補和英語林集成(1886)「Kankaku(カンカク)ヲ オク」
※金貨(1909)〈森鴎外〉「頗る長い間隔を以て、ぱちりぱちりと云ふ石の音が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「間隔」の解説

かん‐かく【間隔】

物と物とのあいだの距離。「間隔を置いて並ぶ」「前の車との間隔を取る」
物事と物事とのあいだの時間。「五分間隔で出発する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android