コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギボシムシ類 ギボシムシるい Enteropneusta; acorn worm

1件 の用語解説(ギボシムシ類の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギボシムシ類
ギボシムシるい
Enteropneusta; acorn worm

原索動物門半索亜門腸鰓綱に属する種類の総称。伸縮自在の体をもったミミズ様の動物で,体長 2cm内外から 2mをこえるものまである。体前部が擬宝珠 (ぎぼし) に似ているためその名がついた。浅海の砂泥底に穴を掘ってすみ,ミサキギボシムシ Balanoglossus misakiensis,ワダツミギボシムシ B. carnosusなど6種あまりが知られているが,まだ十分研究が進んでいない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギボシムシ類の関連キーワード原索動物脊索動物腸鰓類翼鰓類亜門擬宝珠虫半索動物軟体類脊索動物門腸鰓綱

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone