コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギボシムシ類 ギボシムシるいEnteropneusta; acorn worm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギボシムシ類
ギボシムシるい
Enteropneusta; acorn worm

原索動物門半索亜門腸鰓綱に属する種類の総称。伸縮自在の体をもったミミズ様の動物で,体長 2cm内外から 2mをこえるものまである。体前部が擬宝珠 (ぎぼし) に似ているためその名がついた。浅海の砂泥底に穴を掘ってすみ,ミサキギボシムシ Balanoglossus misakiensis,ワダツミギボシムシ B. carnosusなど6種あまりが知られているが,まだ十分研究が進んでいない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ギボシムシ類の関連キーワードワダツミギボシムシカクレガニトルナリア半索動物半索類心嚢

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android