コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギョクチェ島 ギョクチェトウ

デジタル大辞泉の解説

ギョクチェ‐とう〔‐タウ〕【ギョクチェ島】

Gökçeada》トルコ北西部の島。旧名イムロズ島、ギリシャ語名インブロス島。同国最大の島で、サロス湾に浮かぶ。第一次大戦後のセーブル条約によりギリシャ王国に割譲されたが、ギリシャ‐トルコ戦争後の1923年よりトルコ領になった。主な町はギョクチェアダ。海岸保養地であり、ワインの生産も盛ん。ギョクチェアダ島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ギョクチェ島の関連キーワードチャナッカレ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android