コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クォータ法 クォータほう quota method

1件 の用語解説(クォータ法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クォータ法
クォータほう
quota method

社会調査サンプリングにおける有意選択法の一種。割当て法ともいわれ,母集団を性別,年齢層,階層などの組合せにより分類し,その各組から母集団に比例する標本を選出する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクォータ法の言及

【抽出法】より

…この調査法は,主として,対象集団の諸特性・要因間の内的連関や時間的変化を探究するために行われることが多く,平均などの集団の量的特性値の正確な推定が第一義的な目的であるとは限らない。これに対して,割当法(クォータ法ともいう)は特性値の推定を第一義的な目的にするが,これは対象となる集団全体を着目したいくつかの標識に関して分類し,それらの構成比率が標本の中での構成比率に一致するように標本をとり出す方法である。この方法においては各グループの中での標本のとり方は規定されていない。…

※「クォータ法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クォータ法の関連キーワードサンプリング周波数サンプリングレート抽出法ランダムサンプリングサンプリング楽器サンプリングビット数社会調査士サンプリング定理集落サンプリング有意選択法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone