クォータ法(読み)クォータほう(英語表記)quota method

世界大百科事典内のクォータ法の言及

【抽出法】より

…この調査法は,主として,対象集団の諸特性・要因間の内的連関や時間的変化を探究するために行われることが多く,平均などの集団の量的特性値の正確な推定が第一義的な目的であるとは限らない。これに対して,割当法(クォータ法ともいう)は特性値の推定を第一義的な目的にするが,これは対象となる集団全体を着目したいくつかの標識に関して分類し,それらの構成比率が標本の中での構成比率に一致するように標本をとり出す方法である。この方法においては各グループの中での標本のとり方は規定されていない。…

※「クォータ法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android