コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサリツボカビ(鎖壺黴) クサリツボカビLagenidium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クサリツボカビ(鎖壺黴)
クサリツボカビ
Lagenidium

藻菌類水生菌目に属する水生菌の1属。淡水産の藻類などに寄生し,その細胞内に成長する。菌体多細胞で,細胞と細胞との間が多少くびれるので鎖に見立ててこの名がつけられた。成熟するとその細胞は遊走子嚢となり,遊走子は遊走子嚢から伸びた長い管を通って宿主の体外へ逸出する。また有性生殖器官はミズカビ科のものに似た生卵器と造精器とを生じ,直接に接着して受精するのが知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android