コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生卵器 せいらんきoogonium

翻訳|oogonium

4件 の用語解説(生卵器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生卵器
せいらんき
oogonium

藻類,菌類において,雌性の配偶子すなわち卵子を生じる器官。ただ1個の卵子を生じるものも,数個または多数を生じるものもある。生卵器に対して,雄性配偶子を生じるものとしては造精器があるが,造精器と生卵器とが直接に接合することもあり (例:ミズカビ) ,卵子と精子との合体が生卵器の口辺または器外で行われることもある (例:サヤミドロモドキホンダワラ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

せいらんき【生卵器】

菌類や藻類に見られる生殖器官で、雌性の配偶子囊のうの一種。原形質に包まれて、一個、時に多数の卵を生ずる。特殊な構造をもつコケ・シダ類のものは造卵器と呼ばれる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生卵器
せいらんき

菌類や藻類でみられる雌性配偶子嚢(のう)で、造精器と同じ個体または別の個体に形成される。卵は、一つの生卵器中に1~数個つくられる。卵は、卵質(生卵器の中心部にある原形質)から形成された卵球(原形質の塊)であり、多くの場合、核は一つであり、受精後は卵胞子(接合子)になる。紅藻類ではこの器官を造果器という。緑藻類や紅藻類では、生卵器(造果器)中で受精が行われるが、褐藻類では受精は生卵器の外で行われる。卵菌類のミズカビ類では、一般に配偶子嚢接合によって卵胞子を形成するが、単為生殖的に卵胞子を形成したり、生卵器形成の途中で造精器に変化することもある。
 車軸藻植物、コケ植物、シダ植物のように、卵を保護する組織が特有な構造をもつものは造卵器とよび、生卵器とは区別される。[安田啓祐]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の生卵器の言及

【造卵器】より

…中に卵をつくり有性生殖にかかわる。一般の藻類では雌性配偶子囊は生卵器(せいらんき)oogoniumと呼ばれ,1個の細胞からなりその中に卵がつくられる。車軸藻類では,造卵器は楕円形で,卵細胞のまわりを数本の細長い細胞がらせん状に巻きついたように並んでいる。…

【卵】より

…藻類や菌類では単細胞性の雌性配偶子囊である。生卵器oogoniumの中に,コケ植物や維管束植物では多細胞性の造卵器archegoniumの底部につくられるが,造卵器を欠く被子植物では,胚囊embryo sacをつくるふつう8細胞のうちの一つが卵になり,助細胞を伴って胚囊の珠口側に位置する。卵は卵母細胞から体細胞分裂によってできるが,カサノリなどのように複相の植物体の場合は,減数分裂を経てできる。…

※「生卵器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone