クチキレツノガイ(読み)くちきれつのがい

日本大百科全書(ニッポニカ)「クチキレツノガイ」の解説

クチキレツノガイ
くちきれつのがい / 口切角貝
[学] Siphonodentalium isaotakii

軟体動物門掘足綱クチキレツノガイ科のツノガイ。北海道南部から九州までの内湾で水深10メートル前後の泥底にすむ。長10ミリメートル、殻口径3ミリメートル、殻は白色半透明の弓状に曲がる管状で、殻口のほうへ太くなり、殻口でふたたび狭まる。殻頂に3対の切れ込みがある。

[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android