コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殻頂 かくちょうumbo

翻訳|umbo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

殻頂
かくちょう
umbo

一般には二枚貝および巻貝の貝殻の頂端をいう。発生上は貝殻の最も早い時期に生じる位置。ホオズキガイシャミセンガイなど腕足類の背腹両殻間の基部は嘴状に突出するが,この部分を殻頂と呼ぶこともある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

殻頂の関連キーワードシオフキガイ(潮吹貝)ヒオウギガイ(檜扇貝)ナデシコガイ(撫子貝)リュウキュウアオイガイジェームズホタテガイホタテガイ(帆立貝)クルミガイ(胡桃貝)ストリンゴセファラスサクラガイ(桜貝)ミノガイ(蓑貝)トリガイ(鳥貝)ヒメシラトリガイオオシャクシガイニオガイ(鳰貝)タイラギ(玉珧)アズマニシキガイフジノハナガイキクスズメガイヒカリニオガイカラマツガイ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android