コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クック湾 くっくわん

1件 の用語解説(クック湾の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クック湾
くっくわん
Cook Inlet

アメリカ合衆国、アラスカ州南部の湾。アラスカ半島の付け根とケナイ半島に挟まれる細長い入り江で、背後に険しい山地をもつ。沿岸に低平な土地が連なり、湾の奥にはアンカレッジ市がある。1778年にJ・クックが最後の世界周航で探検したことからこの名がある。[鶴見英策]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクック湾の言及

【アラスカ湾】より

…海岸線は複雑で良港に恵まれる。北部中央部にはプリンス・ウィリアム湾があり,その西にはケナイ半島が延び,さらにクック湾が深く食い込んでその湾奥にはアラスカ州最大の都市アンカレジがある。湾内には左回りに環流するアラスカ海流があり,北太平洋北部を反時計回りにめぐる亜寒帯環流を構成する。…

※「クック湾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone