コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クモ形類 くもがたるい

百科事典マイペディアの解説

クモ形類【くもがたるい】

蛛形(ちゅけい)類

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クモ形類
くもがたるい

節足動物門の1綱を構成する動物群。蛛形(しゅけい)類(綱)ともいい、この語はほかに「ちゅけいるい」とも読まれる。クモ形類は、頭部と胸部が癒合して頭胸部を形成し、6対の肢(あし)は上顎(じょうがく)(鋏角(きょうかく))、触肢(しょくし)(脚鬚(きゃくしゅ))、および4対の歩脚となる。昆虫のような触角はない。目は単眼だけで複眼はない。腹部の肢は消失しているものや、真正クモ類(目)の出糸突起やサソリ類(目)の櫛状(しつじょう)板に変形しているものがある。呼吸器官は書肺(肺書ともいう)および気管である。多くの種類は変態をしないで成長するが、ダニ類(目)のように幼体の歩脚3対がのちに4対になるものもある。以上がクモ形類の顕著な形態特徴である。
 クモ形綱は次の九つの目に分類され、世界に約4万7200種が知られている。(1)サソリ目(約600種)、(2)ムチサソリ目(約180種)、(3)ヒヨケムシ目(約650種)、(4)カニムシ目(約2000種)、(5)コヨリムシ目(約30種)、(6)真正クモ目(3万種)、(7)クッコムシ目(約20種)、(8)ザトウムシ目(約3700種)、(9)ダニ目(約1万種)。[八木沼健夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクモ形類の言及

【蛛形類】より

…クモ形類ともいう。節足動物の中で昆虫綱に次ぐ大きな綱Arachnidaで,8万5000以上の種が知られているといわれる。…

※「クモ形類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クモ形類の関連キーワードヒヨケムシカブトガニヤイトムシコヨリムシ真正蜘蛛目節足動物冬虫夏草紙縒虫鋏角類蛛形類標本クモ触角口器

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android