コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラスノボツク自然保護区 クラスノボツクしぜんほごくKrasnovodsky zapovednik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラスノボツク自然保護区
クラスノボツクしぜんほごく
Krasnovodsky zapovednik

トルクメニスタン西部にある自然保護区。カスピ海南東岸にあり,1932年鳥類の冬営地保全のため設置された。面積 2700km2。カモ,シギカモメハクチョウなど 160種以上の鳥類が生息する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android