コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かもめ かもめ Chaika

3件 の用語解説(かもめの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

かもめ
かもめ
Chaika

ロシアの作家 A.チェーホフの四大戯曲の一つ。4幕。 1896年発表。作家志望のトレープレフは,気まぐれな女優の母とその情人である著名な作家トリゴーリンの前で,恋人ニーナが主演する自作の劇を上演するが,母たちの嘲笑にあって自殺をはかり,ニーナは女優への道に憧れトリゴーリンのあとを追い家出する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かもめ

チェーホフの戯曲。1896年初演。田舎の地主の屋敷を舞台に、有名な女優、その息子と恋人、人気作家などの愛憎が絡み合って、複雑な人間模様を繰り広げる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

かもめ
かもめ
Чайка Chayka 

ロシアの作家チェーホフの四幕戯曲。1896年発表。同年アレクサンドル劇場で初演されたが、演出家が戯曲の本質を理解せず、無残な失敗に終わった。1898年にモスクワ芸術座で上演、大成功した。ソーリン家の息子で演劇を志すトレープレフは、自分の生活している別荘へ、有名な女優である母アルカージナと、その愛人の流行作家トリゴーリンを迎え、自らの恋人ニーナを主役に前衛劇を見せるが、母親たちに冷笑され、失望する。トリゴーリンはトレープレフの射殺したかもめを見て、かもめのように身を滅ぼす娘の物語を思い付き、ニーナを誘惑する。数年後、すでに作家になったトレープレフを不意にニーナが訪ねてくる。彼女はトリゴーリンに棄(す)てられ、俳優としても失敗したが、再出発を決意して戻ってきたのだ。彼女の新しい姿を見てトレープレフは、自己の才能に対する絶望と、自己の道を知らぬ悲しみから自殺する。[原 卓也]
『中村白葉訳『かもめ』(角川文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かもめの関連キーワードザイツェフ桜の園ワーニャ伯父さんЧеховМелихово私のチェーホフロシアの恋人シェークスピアの四大悲劇四大悲劇(シェークスピアの四大悲劇)クニッペル・チェーホワ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

かもめの関連情報