クリック&モルタル

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

クリック&モルタル

インターネットの利便性と、実店舗を融合・連動させたビジネス形態。「クリック」はインターネットを、「モルタル」は実店舗を意味する。例えば、知名度の高い企業がネット上の仮想店舗でもブランド力を生かして事業展開するケースや、ネット上で受注した商品の受け渡しと支払いを、実店舗でも可能にしたコンビニエンスストアなどの事業展開が代表的。ネット専業の事業者が実店舗を出店するケースもある。なお、クリック&モルタルは英語で伝統的な企業を意味する「ブリック&モルタル」(レンガと漆喰)が語源。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

クリック‐アンド‐モルタル(click and mortar)

インターネットを利用した電子商取引と実店舗を組み合わせる経営手法、またはそれを行っている企業のこと。米国では、歴史と実績をもつ大企業をブリックアンドモルタル(煉瓦(れんが)と漆喰(しっくい))とよび、それに掛けた呼称とされる。→クリックアンドクリック

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android