コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロスカントリー飛行 cross country flight 

1件 の用語解説(クロスカントリー飛行の意味・用語解説を検索)

パラグライダー用語辞典の解説

クロスカントリー飛行

管理されたエリアを離れ長距離を飛行することで、野外飛行とも言う。管理されたエリアとは一般的に半径5km以内をいう。これはエリアを管理するものが双眼鏡などをもちいても、目視できる距離の限界が5km程度である事から定められ、これ以上の距離を離れ飛ぶことをクロスカントリー飛行フライト)とJHFが定義した。

出典|
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロスカントリー飛行の関連キーワード海抜高度翔破長距離長距離電話WATSエリアオープンクロスカントリーパイロット証飛行計画書フライトエリア長距離泳者

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone