コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目視 モクシ

デジタル大辞泉の解説

もく‐し【目視】

[名](スル)目で見ること。「目視しうる距離

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もくし【目視】

( 名 ) スル
見ること。 「 -しうる範囲」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

目視の関連キーワードビューフォート風力階級船舶の見張りと回避義務クロスカントリー飛行ブラックアイスバーン静岡空港をめぐる問題ハイパードルフィンバナナポジションスポットセンサス静清工業用水道日本の調査捕鯨有視界飛行方式住宅被害の判定建築物劣化調査応急危険度判定ダックアンダーラインセンサス対戦車ミサイルブイロボットGEODSS計器飛行方式

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目視の関連情報