コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

限界 ゲンカイ

デジタル大辞泉の解説

げん‐かい【限界】

物事の、これ以上あるいはこれより外には出られないというぎりぎりの範囲、境。限り。「広葉樹分布の北の限界」「能力の限界を知る」「体力の限界に挑戦する」
[用法]限界・限度――「疲労が限界(限度)に達している」「限界(限度)を超える」などでは、相通じて用いられる。◇「限界」は、それ以上進めなくなるところという意が強く、「限度」は、あらかじめそこまでと限られたところという意が強い。◇「体力(能力)の限界を感じた」は「限度」に置き換えられないし、「有給休暇は二週間を限度とする」は「限界」に置き換えられない。◇類似の語に「極限」がある。「極限」はぎりぎりのところという意が強く、「能力の極限に挑む」などのほか、「極限状態」のような熟語も生む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんかい【限界】

( 名 ) スル
物事の及ぶ一番端。その状態をもちこたえることのできるぎりぎりのところ。かぎり。 「体力の-」 「我慢もこれが-だ」
二つのものの間を境界で区切ること。 「臣従と君主との両間に於て権利を-するの要あることなし/民約論

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

限界の関連キーワードαチャンドラセカール‐シェーンベルク限界チャンドラセカール質量リミットデキストリンバウシンガー効果オーストリア学派マージナルコストデバイのT3法則ゴッセンの法則リミットゲージマージナル限界生産費限界利益率疲労限度耐久限度疲れ限度限界費用弾性限度疲れ限界限界濃度

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

限界の関連情報