コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロトウゾクカモメ くろとうぞくかもめ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロトウゾクカモメ
くろとうぞくかもめ / 黒盗賊鴎
Arctic skuaparasitic jaeger
[学]Stercorarius parasiticus

鳥綱チドリ目トウゾクカモメ科の海鳥。全長45センチメートルほどで、全身黒褐色の暗色型のものと、胸から腹が白い淡色型のものとがある。北極圏で広く繁殖し、大陸沿岸に沿って南に渡り、南半球南部で越冬する。日本近海では春秋の渡りのときにみられることがある。[長谷川博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクロトウゾクカモメの言及

【トウゾクカモメ(盗賊鷗)】より

…しかし頭頂と背面が黒褐色でカモメより黒っぽく見え,尾が長い。オオトウゾクカモメ以外の3種は腹が白いが,トウゾクカモメとクロトウゾクカモメには腹の黒い暗色型がある。くちばしは先がかぎ状に曲がっている。…

※「クロトウゾクカモメ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

クロトウゾクカモメの関連キーワードトウゾクカモメ(盗賊鷗)盗賊鴎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android