海鳥(読み)ウミドリ

大辞林 第三版の解説

うみどり【海鳥】

海岸や島にすみ、海面や海中で魚類などを捕食する鳥の総称。アホウドリ・ウミネコ・カツオドリなど。かいちょう。 → 水鳥

かいちょう【海鳥】

海辺や海洋に生息し、魚類などをえさにする鳥。カモメ・ウミネコなど。うみどり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うみ‐どり【海鳥】

〘名〙
① 海岸や島にすんで魚類などを食べる鳥。かいちょう。
※海潮音(1905)〈上田敏訳〉信天翁「八重の潮路の海鳥(ウミドリ)の沖の太夫を生擒(いけど)りぬ」
② ①の中、特に、営巣期以外は海上で生活する鳥。外洋性で陸地に近づくことのないアホウドリ類、ミズナギドリ類、ウミツバメ類、近海性のカツオドリ類、ネッタイチョウ類、ウミスズメ類などと、沿岸性でのカモメ類、ウ類、一部のカモ類などとがある。
③ 貝「ながにし(長螺)」の異名。〔本朝食鑑(1697)〕

かい‐ちょう ‥テウ【海鳥】

〘名〙 =うみどり(海鳥)
※本朝文粋(1060頃)四・為清慎公辞職第二表〈菅原文時〉「崇海鳥於簫韶、習潮声而畏雅」 〔荘子‐至楽〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

海鳥の関連情報