コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロロプラスト

1件 の用語解説(クロロプラストの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

クロロプラスト

 葉緑体ともいう.藻類や植物の細胞内の小器官で,光合成を行う場所.直径5〜10mm,厚さ2〜3mm.クロロフィルカロテノイドを含む.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクロロプラストの言及

【フィコビリン】より

…藻類の葉緑体(クロロプラスト)に存在する色素。この色素と結合したタンパク質は,ビリタンパク質またはフィコビリタンパク質と呼ばれる。…

【葉緑体】より

…クロロプラストともいう。藻類と緑色植物に見られる色素体の一つで,光合成の生化学的過程はこの中で進行する。…

※「クロロプラスト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クロロプラストの関連キーワードオルガネラ原核細胞細胞小器官色素体前葉体プラスチド葉緑体プロトプラスト細胞内凍結側底膜

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone