コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クンショウギク

2件 の用語解説(クンショウギクの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

クンショウギク

南アフリカ原産のキク科の多年草。花壇・鉢植用に向く。草たけは15〜20cmで,葉は細い披針形,ときに羽状に半裂し,裏が白い。頭状花ガーベラの花に似,舌状花は15〜16枚。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のクンショウギクの言及

【ガザニア】より

…南アフリカ原産のキク科の多年草または一年草(イラスト)。花が勲章のような感じであるところから,和名はクンショウギクと名付けられた。クンショウギク属Gazaniaには40種ほどが知られているが,園芸的には,ハネバクンショウギクG.pinnata Less(多年生)(イラスト)やクンショウギクG.longiscapa DC.(一年生)などもあるが,近年は交配雑種Gsplendensから改良を重ねた園芸品種が多く栽培される。…

※「クンショウギク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone