コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一年草 いちねんそう

6件 の用語解説(一年草の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

一年草

日本のような温帯地域において、春撒き、または秋撒きして1年以内に開花する植物を一年草と呼ぶ。また、一通り四季を経た上、翌年開花するものを二年草と呼ぶ。

(森和男 東アジア野生植物研究会主宰 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

百科事典マイペディアの解説

一年草【いちねんそう】

一年生草本(そうほん),一年生植物に同じ。春に種子から発芽し,生長,開花,結実を終わり,その年に枯死する植物。たとえば,ダイズアサガオ,イネなど。秋に発芽して冬を越して生育し一年未満で枯死するものをも含めることもあるが,普通はこれらを二年草または越年草と呼ぶ。
→関連項目生活形草本

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いちねんそう【一年草 annual herb】

種子が発芽してから植物体(胞子体)が成体となり,開花結実して,その種子を散布して枯死するまでの生涯が1年のうちに完結する草本。球根などの栄養器官で越冬するものは,地上部が1年以内に枯死する場合も,一年草とはいわない。春咲き草本のように,発芽から枯死までが1年以内の期間に完結するものでも,暦年の2年にわたって生存するものは二年草(越年草)ということがある。また,地上部が枯れても,根茎などで越冬して,植物体に世代の移行がみられないものが多年草である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いちねんそう【一年草】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一年草
いちねんそう

草花は、播種(はしゅ)から発芽、開花、結実までの暦年の長さによって、一年草、二年草、多年草に分けられる。種子を播(ま)いてから1年以内に開花し、種子を結実して枯死するか、または寒さ、暑さのために枯死するものを一年草とよぶ。一般的には園芸上の観賞用草花をさすが、野山における草花も同様である。播種から結実までの長さは温度や日照によって左右され、日本では一年草の扱いをするが、温度や日照の十分な熱帯のような所では多年草となるものもある。種子の発芽適温や生育にあたっての耐暑性、耐寒性などによって、春播きと秋播きに区別される。なお、秋に播いて翌春開花するものを二年草とよぶこともあるが、草花類ではこれらを総称して、一、二年草として扱うことが多い。[堀 保男]

春播き

種子の発芽温度が20℃以上を適温とするものが多く、高温、日長下でよく生育する。したがって春播き種子を夏から秋にかけて播くと、すぐ短日状態になるので十分成長しないうちに花芽をつけるものもある(アサガオ、秋咲きコスモス)。春播き種にはヒマワリ、ホウセンカ、マツバボタン、ヒャクニチソウ、ケイトウなどがある。[堀 保男]

秋播き

種子の発芽温度は、20℃内外が適温で、生育条件は涼しいほうを好む草花である。したがって開花も冬から春にかけてのものが多い。キンギョソウ、キンセンカ、スイートピー、ヒナゲシなどがある。[堀 保男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の一年草の言及

【草】より

…草本というのは,形態学的な定義に基づくものではなく,生育している形状を指したものである。 草本には,種子が発芽してから植物体が枯死するまでが1年以内のもの(一年草,暦年の2年にまたがるものを越年草といって区別することもある)と,たとえ地上部が枯死しても根茎などでなん年も生き続けるもの(多年草)がある。多年草のうちには常緑性の草本も含まれる。…

※「一年草」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一年草の関連情報