コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クールマ kūrma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クールマ
kūrma

インド神話のビシュヌ神の 10種の化身の一つである亀。神話では,不死の甘露を求めて神族,魔族が乳海の大攪拌を行なったとき,ビシュヌ神が亀となって攪拌棒のマンダラ山を背にになったという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のクールマの言及

【インド神話】より

…プラーナ文献において,ビシュヌの化身(アバターラavatāra)神話が整備された。化身の種類と数については種々の説があり,必ずしも一定しないが,特に,猪(バラーハ),人獅子(ヌリシンハ),亀(クールマ),侏儒(バーマナ),魚(マツヤ),ラーマ,パラシュラーマParaśurāma,クリシュナ,ブッダ,カルキKalkiの10種の化身が最も一般的である。ビシュヌは猪となり,水没していた大地をその牙で救い上げ,悪魔ヒラニヤークシャを殺した。…

※「クールマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クールマの関連キーワードモントリオールのノートルダム教会ケープ(南アフリカ共和国)モン・ブラン・トンネルモン・ブラン[山]ローヌ=プーランクールマイヨールクールマイユール微量てんびん大塚ベバレジプレーグル松田眞美微量化学微量天秤ペシネートタル

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android