クーン‐トーマス‐ライヒェのf総和則(英語表記)Kuhn-Thomas-Reiche's f-sum rule

法則の辞典の解説

クーン‐トーマス‐ライヒェのf総和則【Kuhn-Thomas-Reiche's f-sum rule】

原子のエネルギー準位2についてのすべての可能な遷移を考えると,下にある準位(添え字1)と上にある準位(添え字3)からの遷移の振動子強度を f12f23 としたとき

が成立する.ここで Z は光学電子の数である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android