コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラノライト granolite, granolith

1件 の用語解説(グラノライトの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

グラノライト

この名称は様々な意味に用いられ,白粒岩(granulite)のような変成岩にも使用される.斑状構造を示さず花崗岩的構造を持つ顕晶質の花崗岩質火成岩の一般的名称[Pirsson : 1899, Turner : 1900, Holmes : 1920, 渡辺編 : 1935].主に長石からなる完晶質粒状の岩石のすべてを一括した名称.ハイパーシン帯で高度の広域変成作用を受け,特徴的な鉱物組合せを持つ岩石類の総称.これらの岩石は寄木状(granoblastic)組織を持ち,個々の岩石は鉱物が限られている特徴がある.例えば紫蘇輝石パーサイト・グラノライトなどがある[Turner : 1900, Winkler & Sen : 1973, Tomkeieff : 1983].granolithは花崗岩と閃緑岩の野外岩石名[Tröger : 1935, Tomkeieff : 1983].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グラノライトの関連キーワード体刑アモウサイト塩基性白粒岩点紋白粒岩トラップ白粒岩フォレレン白粒岩ヘレフリンタ白粒岩片麻白粒岩野白粒岩白粒片麻岩

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone