コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラビール(英語表記)〈フランス〉gravure

大辞林 第三版の解説

グラビール【gravure】

ガラス器物の加飾法の一。小径のグラインダーを用い、表面に浅く彫刻する技法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のグラビールの言及

【クリスタルガラス】より

…完全に無色透明のガラスとするために,不純物として酸化鉄のきわめて少ない原料を使用し,酸化鉄によるわずかな着色は,カリガラスとして微量の酸化ニッケルを加えて消色する。クリスタルガラスは一部連続溶融されているが,一般にはるつぼを用い,1本あたり200~500kg程度が溶融され,宙吹きなどの手作業,あるいは機械により成形が行われ,切子やグラビールなどの研削加工が行われることが多い。切子はカットとも呼ばれ,ガラス表面を研磨加工し幾何学的な模様を付ける作業である。…

※「グラビール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android