コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラマンF-6Fヘルキャット グラマンエフろくエフヘルキャットGrumman F-6F Hellcat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラマンF-6Fヘルキャット
グラマンエフろくエフヘルキャット
Grumman F-6F Hellcat

第2次世界大戦中のアメリカ合衆国の代表的な艦上戦闘機。日米開戦後,日本の零式艦上戦闘機に対抗するため,急きょグラマン (→ノースロップ・グラマン ) がF-4Fワイルドキャット戦闘機を大型化,強力化してつくり上げた。初期のF-6F-3は 1942年6月に初飛行,改良されてF-6F-5となり,さらに索敵レーダをつけたF-6F-5E,夜間戦闘機F-6F-5N,写真偵察機F-6F-5Pに発展した。 1945年 11月に生産を終えるまでに総計1万 2275機がつくられた。イギリス海軍もヘルキャットIおよび IIとして,本機を使用した。F-6F-5は,P&W R-2800-10Wエンジン (2000馬力) 1,乗員1,全長 10.2m,全幅 13.0m,総重量 5774~6991kg,最大速度時速 597km,航続距離 1520km。武装は 12.7mm機関銃6,450kg爆弾2。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報