コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリット grit

翻訳|grit

岩石学辞典の解説

グリット

砂岩のことで,英国では(1) 粗粒砂岩.Pennine地方では引き臼に作られるので,層位学的にはmillstone gritという.(2) 角張った粒をもつ砂岩.ウェールス地方では下部古生層の砂岩が粗粒でも細粒でもgritとされている.18世紀には言葉の意味の一つとして粗粒で硬い粒子の砂に用いられた[Johnson : 1755].変成岩に用いられたが廃れた語である.アーリア語でghrandは小さく破砕した石,古い英語でgeetは礫,フランス語のgresは砂岩の意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

グリットの関連キーワードヘイリー スタインフェルドカトリーヌ・ド・メディシスモデラート・カンタービレジャン・ジャック シュルルフェーブル・デタープルグランド・ジョラス[山]レオ・ポール デロジエフェリックス ラビッスルイーズ・ド・サボアアリエット アルメルベルナール ペイフェインディア・ソングジョエル コーエンイーサン コーエンフレデリック9世クリア・グリットイメージの裏切りトロンプ・ルイユ雨のしのび逢いアンリ[4世]

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android