気概(読み)きがい

精選版 日本国語大辞典「気概」の解説

き‐がい【気概】

〘名〙 意気がはげしく勇ましいこと。困難にくじけない強い意志。また、その気性。いきじ。いきはり。気骨
※史記抄(1477)七「いかい気槩のほどは見へたぞ」
※諷誡京わらんべ(1886)〈坪内逍遙〉五「兎角(とかく)日本人は気慨(キガイ)に乏しい」 〔北史‐崔光伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「気概」の解説

き‐がい【気概】

困難にくじけない強い意志・気性。「先駆者の気概を示す」「気概のある人」
[類語]強い気強い意欲気骨骨っ節反骨精神たくましい気丈気丈夫確り心丈夫闘魂覇気闘志胆力度胸糞度胸士気根性負けじ魂負けん気利かん気勝ち気強気向こう意気鼻っ柱鼻っぱし負けず嫌いファイトガッツ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「気概」の解説

【気概】きがい

意気と節操気節。〔宋書、王伝〕玄、幼にして不群(すい)、人を知るの鑒り。常に笑つて曰く、此の兒氣高亮、太尉雲(王凌)の風りと。

字通「気」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android