コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロッセシャイデック グロッセシャイデックGrosse Scheidegg

1件 の用語解説(グロッセシャイデックの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

グロッセシャイデック【グロッセシャイデック】
Grosse Scheidegg

スイス中南部、アイガー北壁の麓にあるリゾート地グリンデルヴァルト(Grindelwald)の近郊、マイリンゲンとグリンデルヴァルトの谷の境、ヴェッターホルンの麓に位置する峠で、絶景ポイントといわれている。間近にヴェッターホルンが、東側にはアイガーを望むことができる。ここを起点にハイキングコースがあり、その途中にあるアントゼーヴェン(Antseewen/Antseeuwen)は、小さな沼が点在する湿地帯で、ここも絶景ポイントとして知られるところである。夏には美しい高山植物の花々が咲き誇る。◇グロッセシャイデックへはグリンデルヴァルトからバスが出ていて、所要時間は35~40分ほど。バスの運行期間は、5月中旬から10月下旬まで。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone