起点(読み)きてん

精選版 日本国語大辞典「起点」の解説

き‐てん【起点】

〘名〙
① 物事の始まるところ。出発点。おこり。⇔終点
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉一〇「芝浦の海浜に近く、四谷、下谷の両貧窟と相対して正三角最後の起点(キテン)となる処に一区域あり」
② 特に鉄道線の始めとなるところ。⇔終点
※風俗画報‐一六九号(1898)香取参詣案内「総武鉄道線の起点(キテン)なる本所停車場(錦糸堀に在り)」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android