起点(読み)キテン

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 物事の始まるところ。出発点。おこり。⇔終点
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉一〇「芝浦の海浜に近く、四谷、下谷の両貧窟と相対して正三角最後の起点(キテン)となる処に一区域あり」
② 特に鉄道線の始めとなるところ。⇔終点
※風俗画報‐一六九号(1898)香取参詣案内「総武鉄道線の起点(キテン)なる本所停車場(錦糸堀に在り)」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

起点の関連情報