途中(読み)トチュウ

デジタル大辞泉の解説

と‐ちゅう【途中】

出発してから目的地に着くまでの間。まだ目的地に到着しないうち。「出勤途中の事故」「途中で引き返す」
物事を始めてから終わるまでの間。まだ終わらないうち。中途。「食事の途中で席を立つ」「途中をとばして読む」
[用法]途中・中途――「坂の途中(中途)に花子の家があった」「仕事を途中(中途)で投げ出してはいけない」のように、空間的な場合でも、時間的な場合でも、相通じて用いられる。◇「出張の途中に立ち寄る」「旅の途中で引き返す」「途中下車」のように、目的地に着く前にの意味では、「途中」が適切である。◇「父の死で、兄は大学を中途で退学した」「視聴率不振で、番組は中途で打ち切られた」「中途採用」のように、続けてきた物事の半ばの意味では、「中途」がふさわしい。◇類似語に「中ごろ」がある。「試合の中ごろ(途中・中途)に雨が降りだした」のように、時間的な場合には「途中」「中途」と相通じて用いられるが、空間的な意では「中ごろ」はあまり用いない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とちゅう【途中】

目的の場所に行くまでの中間の地点。途上。通り道。通りすがり。 「学校へ行く-」 「 -下車」
ある場所へ行き着くまでの間。道すがらずっと。 「来る-歩きながら考えてきた」
物事のまだ終了しないうち。中途。 「仕事を-で投げ出す」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

と‐ちゅう【途中】

〘名〙
① 往来なか。みちなか。路上。
※凌雲集(814)「藤原冬嗣〈略〉和菅祭酒秋夜途中聞笙之什」 〔杜甫‐秋日虁州詠懐一百韻詩〕
② まだ先方に到着しないうち。目的地に着くまでのあいだ。道中。中途。
※経国集(827)一三・途中九日〈良岑安世〉「客裏三秋暮、途中九日来、相留問行旅、如何菊花開」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「雪女を連て来りゃア途中(トチウ)で解(とけ)て終はア」
③ 世の中。世間。
※正法眼蔵(1231‐53)仏性「趙州いはく、為佗知而故犯。この語は世俗の言語としてひさしく途中に流布せりといへども」
④ 物事のまだ終わらないうち。終わりに至らない間。半途。中途。
※小学読本(1873)〈田中義廉〉二「善き小児は、〈略〉稽古の時刻、来れば、決して、途中に、止まることなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

途中の関連情報