コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

途中 トチュウ

デジタル大辞泉の解説

と‐ちゅう【途中】

出発してから目的地に着くまでの間。まだ目的地に到着しないうち。「出勤途中の事故」「途中で引き返す」
物事を始めてから終わるまでの間。まだ終わらないうち。中途。「食事の途中で席を立つ」「途中をとばして読む」
[用法]途中・中途――「坂の途中(中途)に花子の家があった」「仕事を途中(中途)で投げ出してはいけない」のように、空間的な場合でも、時間的な場合でも、相通じて用いられる。◇「出張の途中に立ち寄る」「旅の途中で引き返す」「途中下車」のように、目的地に着く前にの意味では、「途中」が適切である。◇「父の死で、兄は大学を中途で退学した」「視聴率不振で、番組は中途で打ち切られた」「中途採用」のように、続けてきた物事の半ばの意味では、「中途」がふさわしい。◇類似語に「中ごろ」がある。「試合の中ごろ(途中・中途)に雨が降りだした」のように、時間的な場合には「途中」「中途」と相通じて用いられるが、空間的な意では「中ごろ」はあまり用いない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とちゅう【途中】

目的の場所に行くまでの中間の地点。途上。通り道。通りすがり。 「学校へ行く-」 「 -下車」
ある場所へ行き着くまでの間。道すがらずっと。 「来る-歩きながら考えてきた」
物事のまだ終了しないうち。中途。 「仕事を-で投げ出す」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

途中の関連キーワード追加型公社債投資信託カジュアルウオーターウオーターハザードストップオーバースプリットタイムラップタイム死に籠もり繭古峰原街道自律神経節道草を食う取って返す通りすがり騎虎の勢い行旅死亡人鬼の継子口を挟む食い止す蹕を駐む当選確実途中経過

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

途中の関連情報