コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グーグルブック検索(和解問題) ぐーぐるぶっくけんさく/ぐーぐるぶっくけんさくわかいもんだいGoogle Books Library Project

知恵蔵の解説

グーグルブック検索(和解問題)

米Googleが始めた書籍検索サービス。キーワード入力による図書検索が可能で、目次や本文ページの一部も閲覧できる。日本国内では2007年に始まった。通販大手のアマゾンも「なか見!検索」で同種のサービスを行っているが、Googleの検索サービスは世界中のあらゆる書籍を対象にするもので、パブリックドメイン(著作権の保護期間が切れた書籍など)の全文閲覧も可能にしている。Googleは04年から内外の大学図書館と提携し、所蔵書籍のデジタル化を行ってきた。同社によると、200カ国700万冊以上のデジタル化を終えているという(09年2月時点)。このGoogle Books Library Projectは、「世界中の情報を整理し、世界中の人がアクセスし、利用できるようにする」という同社の理念に基づく。だが、著作権者の許可を得ないままデジタル化を進めたため、05年に米国出版社協会などが反発し、著作権侵害でGoogleを提訴。当初、Googleはフェアユース(著作権法内の公正使用)を主張していたが、08年10月、補償金や収益の一部を還元することで和解した。その合意内容は「1.Googleは書籍をデジタル化し、それを商業的に利用できる、2.Googleは、許可なく既にデジタル化した書籍について1作品あたり60ドル以上、総額4500万ドル以上の補償金を支払う。加えて、ネットで公開する書籍へのアクセス権料や広告収入など収益の63%を著作権者に支払う」などというもの。09年夏に発効する見込みだが、クラスアクション(米国の集団訴訟)による和解の効力は米国内だけでなく、著作権の国際条約「ベルヌ条約」の加盟国にも及ぶため、日本を含む世界160カ国以上が適用を受ける。例えば「絶版」と見なされた日本の出版物なども、全文公開や商業的利用が可能になる。ただし、和解によるこうした閲覧は、あくまで米国内のGoogle検索サービスに限られる。09年2月以降、Google社は日本の著作権者に向けて、和解内容を雑誌・新聞等で告知するとともに、自社サイトに「Googleブック検索和解契約」ページをアップしている。

(大迫秀樹 フリー編集者 / 2009年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

グーグルブック検索(和解問題)の関連キーワードGoogleブックス

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android