コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイギス(英語表記)Ceramium tenerrimum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケイギス
Ceramium tenerrimum

紅藻類イギス目イギス科。近縁種にはハリイギス C. paniculatum,ハネイギス C. japonicum,イギス C. kondoiなどがある。いずれも細く枝分れしているが,全体としては塊になり,他の海藻にからみついている。ケイギスは特に細く,糸状の藻体は径 60~80μmで複叉状に分岐し,先端鉤状に曲って,直径 4cm以上の団塊になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

海藻海草標本図鑑の解説

ケイギス

からだは繊細な糸状。分枝は叉状に多数おこなわれ,枝の先端は二叉になり内側に巻き込む。また,枝は外側にむかって 無色の長い毛のような細胞を持ち,先端ほど多数見られるようになる。皮層は縞状に分かれており,先端に近いほど縞の間隔は狭くなる。水中では枝が絡まり 合ってモヤモヤとした塊のように見える。手触りは柔らかい。生体は淡紅色〜赤褐色。押し葉標本は台紙につくがはがれやすい。似たものでハリイギスがあるが,ハリイギスは長い毛のような細胞を持たず3〜4細胞からなる棘状の突起を持つ。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android