コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケサランパサラン けさらんぱさらん

2件 の用語解説(ケサランパサランの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

ケサランパサラン

謎の生物とされる物体。江戸時代以降の民間伝承によるもので、綿毛のように白くフワフワと空中を浮遊しているのが特徴。その他、大きさや数、動きなどに一貫した特徴は設定されていない。穴の空いた桐の箱で、おしろいを餌にして育てることができ、持ち主に幸運を与えるとされている。また、年に2回しか見てはいけない、人に話すと効果が薄れるなど、様々な付随伝承もある。その正体としては、たんぽぽの綿毛など植物由来のもの、ウサギの体毛など動物由来のもの、また昆虫(雪虫、アオバハゴロモの幼虫)など諸説あるが、明らかになっていない。1970年代、その名称や形状の特異さなどによりブームを巻き起こし、マンガやテレビなどにも登場した。

(2012-08-29)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ケサランパサラン

ケサランパサラン株式会社が販売するメイクアップ化粧品、基礎化粧品ブランド名ポイントメイク、ベースメイク用化粧品が主力商品。店頭でのサービスとして、まつげエクステンションや眉の形を整える「アイブロウデザイニング」も行う。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケサランパサランの関連キーワード時代物生物生産モールド氏の長者江戸語俗楽無菌江戸味噌真正細菌プロトゾア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケサランパサランの関連情報