ケサランパサラン(読み)けさらんぱさらん

知恵蔵miniの解説

ケサランパサラン

謎の生物とされる物体。江戸時代以降の民間伝承によるもので、綿毛のように白くフワフワと空中を浮遊しているのが特徴。その他、大きさや数、動きなどに一貫した特徴は設定されていない。穴の空いた桐の箱で、おしろいを餌にして育てることができ、持ち主に幸運を与えるとされている。また、年に2回しか見てはいけない、人に話すと効果が薄れるなど、様々な付随伝承もある。その正体としては、たんぽぽの綿毛など植物由来のもの、ウサギの体毛など動物由来のもの、また昆虫(雪虫アオバハゴロモの幼虫)など諸説あるが、明らかになっていない。1970年代、その名称や形状の特異さなどによりブームを巻き起こし、マンガやテレビなどにも登場した。

(2012-08-29)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ケサランパサラン

ケサランパサラン株式会社が販売するメイクアップ化粧品、基礎化粧品のブランド名。ポイントメイク、ベースメイク用化粧品が主力商品。店頭でのサービスとして、まつげエクステンションや眉の形を整える「アイブロウデザイニング」も行う。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android